t l a a a r
こころとからだにやさしい楽な泳ぎ
泳ぐことを通して身体の使い
方を学ぼう
 




 
 
 
 
創始者はオーストラリアの
F.M.アレクサンダー氏(Fredrick Matthias Axander:1869~1955)

若い時に声楽家を目指し、やがて有望なシェークスピア劇の役者になったが、
舞台活動中に突然声が出なくなるというアクシデントに遭遇した彼は、原因は
姿勢にあると判断。
生涯良い姿勢を保持するため自己訓練を始めます。
特に頭と首と背中のつながりを再認識することは 身体全体の協調作用のために大切と考えました。
彼の独特な発想や矯正法は舞台人や音楽家などを中心に広まり、単に姿勢や行動の矯正に
とどまらず 心の癒し、スポーツ選手の技の向上まで、実に広い範囲に渡り世界中で
多用されています。

アレクサンダー・テクニークの目的
自分の感覚の再教育、無意識の動きに対してそれを抑制する方法です。
正しい身体に関する知識、それを生活や仕事、趣味、休息、新しい技術の習得などに活かしていき、その結果として選択の可能性が増え、意識が明快になり、動きが
軽くなり、能率が上がります。
また痛みが減り、エネルギーが流れるのを感じるようになり、幸福感が
ふえるといわれています。



アレクサンダー・テクニークの原理
Use 
使い方
すべての活動において、使い方が私たちのはたらきに影響します。
学習しながら良い使い方を保つことで、私たちの学習能力が
促進されます。
反応と反射がずっと正確になり、ストレスが最低になり、
張りつめた静かさにより新しい材料の吸収が容易になります。
私たちが持ちうる最も価値ある知識は自分の使い方です。


Misuse 
違った使い方]
体の悪い「使い方」は協調性のバランスを崩すのです。
体のある部分がすごく頑張りすぎているのに、別の部分が
怠けすぎるのです。
典型的な例として、ほとんどの人が背中を曲げ、脚を硬くして
両腕、両肩、首を緊張させすぎます。
長年の間に大きくなった習慣的緊張は発達を制限し、
パーソナリティの自由な表現をさまたげます。


[その人全体] 「心」と「体」を個々に分けて考えるのを1つに統合する実践的な
方法です。
レッスンを受け続けると、「行動しながら思考する」ことが
できるようになり、丸ごとの動きを見通しながら、一つの動きに
集中できるようになってきます。


Primary Control
プライマリー・コントロール
自分の使い方の初原的調整作用というものがあります。
それがすべてのメカニズムのはたらきを調整し、そのために複雑な
人間有機体のコントロールが比較的簡単におこなわれています。

頭と首と腰の関係が一番うまくとれている状態のことで、
ダイナミックにつねに変化し続ける「関係性」のことです。
十分に役割を果たしていれば、首の筋肉はリラックスし、十分に
伸び、約4㎏ある重さの頭がバランスよく背骨の上にのっている
状態を保ちます。
体全体の調和をとるため、必要な姿勢保持の原理なのです。

また、頭と首は、喉頭と呼吸のメカニズムの状態に直接的な結果を
もたらします。 頭は前方へ、上方に位置し、背骨をまっすぐに
引き伸ばし、体全体のバランスを 取りながら、しなやかに柔軟性を
持って動けるようになると、環境や状況に適応していく力が
ついてきます。


Faulty Sensory Appreciation
感覚評価は当てにならない
だれでも正しくありたいと思います。
しかし自分で正しいと思っていることが
正しいかどうか、だれも立ち止まって
考えません。
正しい感覚は意外と個人差があるので
信じられません。
認識の違いがあるからです。
正しいと思ってやっていたことが違っている場合もあります。
最初のうちは良い使い方に直されても、自分がやると奇妙でやりにくいと感じることがあります。
アレクサンダーが絶えず強調したことは、「感じ」というものは
正しい場合、いわゆる頭よりももっと役に立つものだ、と
いうことです。
自分自身の正しさの感覚基準を問い、改善していくことが
できます。


Inhibition 
抑制
普段からおこなう自分の悪い癖つまり間違った体の使い方や動きに
気づき、意識的にその動きを止められれば、本来の自分を取り戻す
ことができます。
無理なく、自然に体を動かすことが可能になり、肉体そのものの
創造性も引き出されてきます。


Direction
方向性
どのようにして自分自身の使い方を方向づけたらよいので
しょうか?
方向性を決めるために重要なことは、頭と首を開放することです。
すると頭が上と前の方向へ持っていくことができるように
なります。
首の力を抜く、頭が正しい位置になると、
胴にスペースができます。
そうすると背中が広がって伸びてきて、首に乗った頭が、
開放されます。


End Gaining 
決められたゴールに向かっていく
「手に入れたら、手放せるようになれ
   ・・・手放しまた、手に入れるのだ」

目的を決めて向かっていくことに重点を
おき過ぎると、より体に向かっていくことを
難しくしてしまいます。
そこに行くまでの過程が大切なのです。
どうやって行くか?ということを忘れて
しまいます。目的を意識するがあまり、
無駄なエネルギーを使い疲れて、身につきません。現在の状態に
気づくこと、どうしてそれが起こっているのかを筋道を立てて
考えてみること、習慣的反応を抑制し、目的を達成するために
必要な間接的な段階を意識に導かれながら順番に行うことなどが
大切です。









 
 
 参考文献 

「ボティ・ラーニング」 マイケル・ゲルブ著 誠信書房
「アレクサンダー・テクニーク」 W・バーロウ著 誠信書房
「変容の術」 グレン・パーク著 新水社
「アレクサンダー・テクニークの学び方」 バーバラ・コナブル/
ウィリアム・コナブル著
誠信書房
「音楽家なら誰でも知っておきたい「からだ」のこと」 バーバラ・コナブル著 誠信書房
「音楽家なら誰でも知っておきたい「呼吸」のこと」 バーバラ・コナブル著 誠信書房
「アレクサンダー・テクニークにできること」 D・キャプラン著 誠信書房
「アレクサンダー・テクニークの使い方」 芳野 香著 誠信書房
「2001年アレクサンダー・スイミング特別講習会資料」 アクアダイナミックス
研究所
 
「THE ART OF SWIMMING」 STEVEN SHAW&ARMAND D’ANGOUR著  
「運動科学」 小田 伸午著 丸善株式会社
「原初生命体としての人間」 野口 三千三著 三笠書房
「究極の身体」 高岡 英夫著 運動科学総合研究所
「動く骨」 栢野 忠夫著 スキージャーナル
「よくわかる解剖学の基本としくみ」 坂井 健雄 著 秀和システム
「スポーツ解剖学」    
「脳の中の身体地図」 サンドラ・ブレイクスリー/マシュー・ブレイクスリー共著 合同出版
「関節はふしぎ」 高橋 長雄 著 講談社
「水のヒーリング」 チャーリー・ライリー著 産調出版
「水は答えを知っている」 江藤 勝 著 サンマーク出版
「ボディ・ラーニング」 マイケル・ゲルブ著 誠信書房
「THE ART OF SWIMMING」 Steven Shaw &
Armand D'Angour著
 
「水は答えを知っている」 江本勝著 サンマーク文庫
「The Healing Energies of Water」 Charlie Ryrie著 産調出版
     






お問い合わせ
アレクサンダースイムへのご質問など
info@ alexanderswim.net
swim@ alexanderswim.net



Last modified on: 2015-06-02